2011/11/14

エピローグ

新blogに転居後、ずっとここは放置状態で
パスワードも忘れてしまっていたが
ま、消してしまうのも何だかもったいないので
過去数カ所で書き殴った日記を
衰え逝くメモリの中身が消えないうちに
ここに貼ってみようかと思い立った

ついでに、Macの中に溜めっぱなしの画像の整理も
という一石二鳥の、三丁目の夕日的目論みだが
あくまで私的な記録の虫干しで
クソも役に立たない情報なので、念のため
2005〜07にかいた恥の上塗りである

なお、日記中の表現、店情報、値段などは
当時のままです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/09/07

【転居のお知らせ】

思う所があって… って訳でもないのですが
引っ越しをすることにしました

ぼちぼち荷物を運び入れているところです

まだドタバタしておりますが
お近くにおいでの際は、お気軽にお立ち寄りくださいませ

今までのお付き合いを感謝いたします
引き続きどうぞよろしくお願いいたします


 転居先は こちら です
 http://ajisaitei0913fri.blog.fc2.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/08

ブンカ

引き続き、上野のホールのお話

日本中至る所に「文化会館」と呼ばれる建物があるが
ここは、言わばその総本山
上野文化、東京文化と呼ぶこともあるが、大抵はブンカで通じる
我々的にはブンカと言えば、それは東京文化会館を指す

歴史のあるホールには、そこだけにしかない匂いがある
同じホールでも、舞台、袖、楽屋と場所により微妙に匂いが違う
楽屋口を通り抜け、階段を下りた途端に感じた匂いが懐かしかった

柱がコンクリートむき出しという
当時はやった建築様式?のため
いつからか、記念の落書きが舞台袖の名物になったが
今ではこんな派手なことになっていた

   Imgp3635


そういえば、この客席に初めて座ったのは
中3の時の音教だったっけ
おっと、音教とはガクタイ用語、舞台にいる人間が使う言葉だ
正式には「音楽鑑賞教室」
久山さんという、当時珍しかった女性指揮者が都響を振ったんだと記憶している
小品を並べたプログラムで、メインが新世界の第2・4楽章だったか

今はしょーもないおやぢだが、当時はませガキだったワタシは
その後に書かされた感想文で
「午前中から本番なんて、オケマンは大変だ」
「アンサンブルが乱れるのは、やっつけ仕事からだよね」
「子供用のプログラムはちょっとがっかり」
「新世界も全曲やってよ」
みたいな下らんことを書いた記憶がある

クラスメイトが書いたものを読むと
「ホールの大きさにびっくり」
「指揮者がかっこよかった」
「素晴らしい響きに感動した」
などなど、賛辞が並んでいた
嗚呼、この差はなんなんだ

それから10年も経たず
「そちら側に立つ」ことになるとは
当時のガキはまだ知る由もない


いろんな経緯で立つことになった、このステージ
50回という節目だったからか
なんと5階席まで満席という盛況
そんな節目を仲間とともにステージで迎えられたのは何よりのことだった

   Imgp3629  Imgp3632
  
朝10時からリハーサルが始まり、終演は17時過ぎ
盛りだくさんのプログラムだったため
コンサートは2時間40分の長丁場に

   Img_1214

ホワイエでの打上げ、2次会を経てガード下の名店「大統領」まで
いやはや、長い一日、おつかれさまでした

   Imgp3636


その後のメールで
帰り道にすっ転んで泥だらけになって帰宅し
カミさんにこっぴどく叱られたMクンの話や
後片付けの後に一度仕事場に諸々の荷物を置きに行き
上野に戻って2次会に駆けつけようと思っていたものの
前日の完徹が祟り、つい床に寝てしまい気付いた時は26時だった
というYクンの話を聞いた
二人とも生誕50周年を過ぎた、いいおやぢの後輩である

はい、似たようなことをワタシも致します(^^ゞ


   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/08/06

50年

上野に、クラシックの殿堂と呼ばれるホールがある
東京文化会館
61年の4月に開館し、今年で50周年だという

そのステージに初めて立ったのは15歳の夏だった
高校・大学・そのOBの三団体の合唱団のジョイントコンサートに
新入生として参加した
たぶん第11回だったか、と

以来、何度このステージに立っただろう?
おそらく、板の上に乗った回数はベスト5に入ると思う
それはそれは、数多くの思い出が詰まっている場所だ

そんなかつてのホームグラウンド?に
久しぶりに立つことになった

明日、そのコンサートが
やはり50回目を迎えることになった
最年少のメンバーは、相変わらず15歳
しかし、最年長のメンバーは80歳を越える
当時から、高校から墓場まで、というスローガンがあった
不謹慎?

いえいえ
というのも、最年長メンバーにして
唯一人50回皆勤出場の先輩は葬儀社の社長なのだ

学生時代は、バイトでもお世話になった
はい、桶を搬入したり、持ったりする仕事でした(^^;)
雨が上がった後の、病院の鉄製の非常階段は
それは緊張したものでした

最近は滅多に使うことがなくなった筋肉を使うので
連日の練習にヘロヘロである
…といっても、今夜で3度目
いや、フメンの歌詞がすっかり見えなくなった(^^ゞ

そうだよなー
考えてみれば、当時の大先輩や師匠の歳を
すでに抜いちゃっているのだから

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/08/05

グリーンカーテン

平賀源内がプロデュースしたと言われる土用の丑の日も過ぎたし
更新をサボっているので
うなこちゃんからゴーヤに画像を貼り替えて視線をそらすことにした

  Imgp3627   Imgp3626

10数年ぶりにゴーヤを植えてみた
時流に乗ったつもりはなかったが
今年はグリーンカーテンが大流行のようだ

梅雨の頃は、心もとない成長ぶりだったが
ここにきて、ワサワサと育ち出し
今日現在の様子が、こうだ

さてさて、ゴーヤチャンプルーを作れる日は訪れるのだろうか…

   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/08/01

題名のない日記

天皇と呼ばれた初代
巧みにピアノを弾き、おやじギャグで人も引かせる先代の時代に
何十回も出演した長寿番組に、久しぶりに出演した

オンエア中から「見てるよ」メールが
続々と(主催者発表)数通(警察発表)送られてきてびっくり
けっこうみんな見てるのね(^^;)


オペラシティのステージに仮面ライダーがゴレンジャーが立つのは初めてでは?
ついでに、あのステージで「バンバラバンバンバン」を歌うのも(^^;)
おっともう一回、「ババンババンババン」もあったっけ


   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/23

自炊生活始まる!

   Imgp3526

   ScanSnapに続いて


   Imgp3524
  
   裁断機も購入


これで自炊環境が整った


   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/16

54年ぶり! 10年ぶり?

1957年8月11日以来だそうだ

なんとその日、孫正義が生まれている
そして20日後には、この球団を率いる小川淳治が生まれ
さらにその2週間後
いまだ潜伏期間を続ける名もないミュージシャンも、ついでに生まれた

この年、まだ神宮では試合は行われていない

54年ぶりの、対某球団8連勝\(^_^)/
貯金も15になった

10年ぶり… も見えて来た?

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/14

今季初神宮

開幕当初は野球どころではなかった
ぼちぼち行くかな、と思ったら何だかスケジュールと意見が合わず
気付いたら、Swallowsはまさかの首位
そのうちに交流戦も終わってしまい
いつの間にか梅雨も明け、炎天下の観戦になった

  Imgp3384

ワタシの到着を待ちわびていた「つばみ」ちゃんが
どうしても一緒に写りたいというので、パチリ(うそ)

  Imgp3385

いつもの観戦場所、通称三角地帯は西日の直撃を受ける
が、日が暮れると心地よい風が吹き始め、気持のいい観戦になった

  Imgp3386

防御率リーグトップ2の投げ合いにしては
失投ありミスありで、予想外の打ち合いに
それでも勝ちパターンに持ち込んで
21時半には祝杯をあげるつもりが…

まさかの延長戦をサヨナラで制した時は
22時をとうに回っていた、とほほ
まぁ、サヨナラ劇に立ち会えたからよしとするか


え、佑ちゃんがオールスターに選ばれたって?
いくらなんでも、それはないでしょうが


   
   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/07

ピョンちゃん

祝!開催決定
2018年の冬期オリンピックが韓国・平昌に決まった

国営放送の解説委員さんなら「へー、しょう」とでも言いそうだ

これで2020年の「東京」のメがほとんど消えたのが
個人的には何より安堵だったりする

でも、その頃南北問題はどうなっているんだろうね?

平昌・ピョンチャン・Pyeongchang・평창 

なんだか可愛らしい地名だ
日本なら、きっとマスコットはうさぎになるんだろう

んで、東京ならピョンちゃんだが
大阪ではピョンやんて、ゆうんやろか(^_^;)アホ


   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/06/30

異業種交流会

学生時代の同輩・後輩と
某音大のオペラ研究所准教授を囲んでの飲み会に出掛けた
同輩がその先生と職場の同僚であるご縁から生まれた企画だった
後輩も、なんやかやでクラシックをネタに食べている連中で
とうの昔に足を洗ってしまった自分が
メンバーの中では最もクラシック業界から離れてしまった
つまりは同業だが異業種交流会のようなもの
これが楽しかった
表舞台の話から裏話
マジメな音楽界の展望話から
この話はオフレコだぞ、これ書いたら終わりだぞ的話まで
あっという間の4時間余りだった

現在の学術的な話題にはついていけないので
もっぱら担当は昔の裏話
一応10数年オペラやコンサートの現場に身を置いていたので
そんなネタで一冊本も書けそうだが
あまりに生々しいので、とても出版はできそうにない(^_^;)

久しく全く縁がなかったクラシックの現場だが
今年になってから
かつて仕事をしていたプロ合唱団の先輩方とアンサンブルをしたり
以前お手伝いをしていた合唱団からまた話が来たり
クラシック系音楽番組に久々に出演したり
(ただし、仕事の内容は全くクラシックとは無関係だった)
何だか先祖がえり?のような流れが続いている

勢いに任せて、ホルンの練習も再開してみるか…
こっちの方は、さらに錆び付いてしまって
きっとどうにもならないだろうが_| ̄|○

もし、ブラームスのホルントリオが吹けるようになったら
ウィーン帰りのバイオリニストが共演してくれる手はずには
なっているのだ
フメンだってまだあらかた覚えているが
…なぁんて事は
人前で吹く事なんてもはや有り得ないから書けるのだが

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/06/29

オリムピックには出てみたいが

そういえば、ガキの頃には
外来語をカタカナで表記するときに
ちゃんと「n」と「m」を区別して書く人が多かった(気がする)
「メムバー」「ボムバー」「チャムバー」
オリムピックも然り

一方流行歌の歌手(死語だね)は「n」でも「m」でも
唇をしっかり閉じて「ん」を発音する
つまり「ん」が全部「む」になってしまうのだ
その方が「ん」の響きがよくなるという発声上の都合なのだが
あまりにムチャである

あ、そういうことではなくて…

あの晩節を汚している都知事が
お台場のゴミ捨て場の片隅にうち捨てられた「オリンピック構想」をまたぶちあげた

冗談じゃない
復興のシンボルというのなら、福島で行うべきだろう


でも、オリンピックには出てみたい

ワタシが目指すのは「男子投げやり」だ
何しろ放置プレーには自信がある

しかし、国際投げやり協会の方が一枚も二枚も上手なんである
五輪標準記録を突破しようと
日夜投げやりに磨きをかけているのだが
一向にその数字を定義する気がないらしく
競技会すら開かれない

頼むよ、もう時間がないんだから
ああ、北京もロンドンも、幻に終わりそうだ

だけど、都民が投げやりに暮らしていると
開催地に立候補もしちゃうし
魚市場がとんでもないところに移転しちゃうよ

知らねーよ

そんなにあすこが安全だと言い張るのなら
都議会の議事堂も知事公舎も
ついでに原発も作っちゃえばいいのだ


   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/06/20

すき家にて

労働の前にすき家に入り、カウンターに座った
接客してくれたのは、中国人の黄さん

程なく隣にも中国人のカップルが
中国語でメニューの相談をしているのが聞こえてくる

「いらっしゃいませ、ご注文が決まったらお知らせ下さい」
「すみません、○○牛丼と○○牛丼を下さい」
「ありがとうございます ○○一丁、○○一丁!」

何だか微かな微笑ましい違和感
中国人同士が日本語で会話をしている
それも、同世代の日本人の若者よりよほど丁寧な言葉遣いで

某チェリー水産のバイト君たちも
母国語じゃなくて日本語でお喋りしてくれたら好感度upなのになぁ
でも、客の前で、カウンターの中で私語はないだろ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/06/14

異動

約3ヶ月ぶりの仕事場
この番組も、震災後初参加

  Imgp3201  Imgp3200

職場が10mほど移動して、少し見通しがよくなった


   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惜しいっ

   Imgp3204


あと一歩… 節約すればよかった


   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/06/12

イサン・イソジン・ハンジミン

今日から、ある氷上の仕事の吹替えで、アフレコのスタジオへ何度か通う

この仕事も随分長いお付き合いになった
例年なら3月か4月に収録していたが
今年は震災の影響で、この時期の収録になった

このスタジオでは「サザエさん」や「チャングム」など
蒼々たる作品の吹替えやアフレコが行われていて
ロビーには様々なポスターが飾られている

  Imgp3197

胃酸? イソジン?? 反自民???

政権交代で風邪を引きましたか?
薬品メーカーと民主党がどうたらというドラマ???

すみません、韓流ドラマを見る習慣がないもので…


   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/06/11

下へ行きますか?

世に不可思議なるものが、おばさんの生態
おやぢの痴態には目をつぶることにするがヾ(^^;)
あの唯我独尊ぶりの天動説行動は一体何なんだろう

「30年後のあなた」の姿など想像もできない
かわゆい女子中学生が
改札の真ん前で、あるいは入口や出口をふさいで
平気でお喋りしてたりしていると
「ああ、遺伝子はしっかり受け継がれているのね」
とがっかりしてしまう
ま、向こうは向こうで
「あ、おやぢだ、くさい、あっち行け」
なんて思っているんだろうが

今日もそんなおばさんに遭遇

最寄り駅でエレベーターに乗り…
扉が閉まりかかった所に一人のおばさんが駆け込んで来た
「下へ行きますか?」
箱の中に流れた一瞬の沈黙…

  こういうおばさんは、よくいたりする
  でもさ、乗る前に一瞬でも状況判断してから乗れよ
  せめて、乗り込む前に聞けよ
  状況判断は、彼女たちに一番苦手なのかもしれない
  交差点の真ん中に来てから「あ!ここ左!」
  と仰るのも決まって彼女たちだ

しかし、このエレベーターは地上階と改札階を結ぶ単純なもの
あのさ… 下に行かなかったらどこへ行くの?

と、朝のささやかにして爽やかな話題でございました

ここを読んで下さってる読者のみなさまは
淑女やお嬢様ばかりなので
この日記がみなさんを敵に回すことはあり得ないことを
信じております


   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/10

サパーリの味

近所の公園の中にある、エスニックレストラン

いつ覗いてもなんだかヒマで
今度通りがかる時まであるかな…
つい、そう思ってしまうのだが、何故だか不思議に存続している

今日も元気に、人知れず営業中だった

   Imgp3183

なんなんだ、サパーリの味って
ん? サ・パーリなのか?
またーりとは違うのか
2chラーも絶賛の味なのか?

ちなみに、台湾だけでなく東南アジア各国の料理が楽しめる
美味しい店です

   Imgp3184


さてさて、今日も乾杯
てめーが参加したCMが流れてくるTVを観ながら飲むヒゲのハイボールは
これまた格別だ


   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/09

百円玉の旅がらす

切符を買おうと、100円玉を投入したら
何枚も拒絶されて戻ってきた

よぉく見ると昭和44年生まれ
表も裏もすり減り、ギザギザもほとんどなくなっている

昭和44年といえば、まだ1960年代ではないか!
しかも酉年仲間

帰宅して財布の中を見ると
他にも昭和40年代生まれのコインが何枚もあった

  Imgp3182

硬貨なんて、もうすっかり昭和世代は引退したと思っていたので
ずーっと現役で頑張ってきたんだねー、と
ちょっと愛おしさを感じた

どーでもいーことだが…

100円をずっと貯金してたら、今頃利子はいくらになるのだろう?
一方、今100円の利子をもらおうとしたら何センチの札束が必要なのか
カルビーのポテチは今も100円で買えるのか
あの頃買えなかった物が、今は100円ショップで買えるな
ハンバーガーも、たぶん今の方が安いんじゃなかろうか
いや、まだマックが日本に上陸する前だったな
銀座三越に出来た1号店に行ったのは中坊になってからだったもんな
少年サンデーはいくらだったっけ?
国電の初乗りは30円だったっけ?
100円札ってまだあった?

と、いろんな妄想がとめどなく現れては消えた
まぁいいや、本当にどーでもいーことだから

それにしても、もう40年以上デザインが変わってないのか
これだけ色んなものがコロコロと変わって行く日本では
硬貨のデザインって、希有な存在だ

このデフレの世の中
100円玉の価値も揺れ動いているが
てめーの保身と既得権益のことしか考えない政治屋どもの軽さよりは
よほど重いんじゃなかろうか


   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/06/07

タイトルのないコンサート

たぶん約10年ぶりに、クラシック音楽番組では世界一長寿の番組に出演した

この番組が始まったのは1964年、東京オリンピックの年だった …らしい
小学校に入学したばかりのガキに記憶の有りようもなく
そもそも我が家のテレビジョン受像機(当時は死語ではなかった)では
東京12チャンネルは見ることができなかった

 現在のテレ東=12chが開局した当時は
 ダイアルは1〜11までしかなく
 電気屋さんに改造してもらわないと12chは見られなかった

その後NET、現在のテレ朝に舞台が移り、現在に至っている
つまりは今年で放送開始47周年

この番組の存在を知ったのは、たぶん小学校高学年の頃だった
中学時代には、よく公録にも通っていた
会場は渋谷公会堂
シブコーも、今ではCCレモンホールだ

見る側から出る側に変わったのは、おそらく1979年
以来、初代司会者時代には数十回出演した
現場に君臨していた司会者の生前最後の収録にも参加していた
のべ6つか7つのグループから出演したと思う
それって、ひょっとして記録ではないだろうか???

前日は音合わせで神奈フィルの練習場へ
東京の北端から保土ヶ谷は遠い
往復4時間以上かけて、実際に音に絡んだのは
つまり実働時間は20分くらいだった

  Imgp3172  Imgp3174

最近はオケとの仕事などまったくなくなってしまったので
久しぶりに体感するオケサウンドは、体に響いて心地よい

翌日の本番はオペラシティ
基本的にクラシック専用ホールなので
ここのステージに立つのもすごく久しぶりだ
といっても、番組のテーマはまったく違う分野だったのだが

  Imgp3175  Imgp3176

我々の現場は金管(トロンボーン)のすぐ後ろ
オケの中、正確には最後列なのだが
至近距離でオケの響きに包まれるのは何とも楽しい
元ホルン吹きの血も騒ぐ

もっとも、時は経ち
番組の雰囲気も、現場に流れる空気感も
当たり前ではあるが、同じ番組とは思えないほど変わってしまっていた
ま、ページはめくらなくちゃね

オンエアは7月の終わりだそうだ

余韻を感じながら、お馴染み「コマ」裏 庄助へ

  Imgp3180  Imgp3179

とうとうコマは、解体工事が始まっていた
だが、再開発計画はまだ決まってないらしい

街の核を失った歌舞伎町は
今の景気や状況も反映して、なにか暗くて寂しい


   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«吉例大河連載 今年もうなぎとアンパンマンとわたくし